YouTubeで動画もチェックしてね

古代ロマンあふれる奈良の明日香村を観光しよう

目次

明日香村って?

明日香村のマンホール画像

奈良県の中央部に位置する明日香村。

明日香村はキトラ古墳や高松塚古墳、石舞台古墳や亀の形をした大きな石の亀形石像物など古代ロマンがたくさん詰まった魅力的な村です。

明日香村亀形石
亀の形をしています。

明日香村の公式サイトへ

飛鳥?明日香?あすかはなぜ二つあるの?

「あすか」の表記には2種類あります。村の名前である「あすか」は「明日香」と表記されていますが、昔から使われている地名としての「あすか」は「飛鳥」と表記します。

村の公式サイトによりますと、

アスカの地名ちめいとしては、飛鳥あすかの字が一般的いっぱんてき定着ていちゃくしており、昭和しょうわ31年高市村たかいちむら阪合村さかあいむら飛鳥村あすかむらの3そん合併がっぺいしてまれた村名そんめいである。明日香村あすかむらは、現代的げんだいてき感覚かんかくあたらしくつくられた名前なまえのように理解りかいされているきがおおい。

アスカの表記ひょうきについて、古事記こじき日本書紀にほんしょき万葉集まんようしゅうとうからひろってみると、明日香、飛鳥、安宿、阿須賀、阿須可、安須可等色々いろいろ文字もじもちいられており、地名ちめいあるいはかわ名前なまえとしては、明日香あすか及び飛鳥あすかもっと頻繁ひんぱんもちいられている。

古事記こじき日本書紀にほんしょきでは、しゅとして飛鳥あすかもちいられ、万葉集まんようしゅうでは、明日香あすかてくる場合ばあいおおく、飛鳥は、アスカという場合ばあいとトブトリとして明日香あすか枕詞まくらことばになっている場合ばあいとがある。

明日香村公式サイトhttps://asukamura.jp/kids/yomoyama_yurai.htmlより引用

とのことです。なので、合併後の村名として採用されていたのが「明日香」みたいです。でも、馴染みがあるのは「飛鳥」なので、ナンバープレートの表記も「飛鳥」なんですよ。「飛鳥」のナンバープレートは朱雀のデザインで人気です。

公式HPよりhttps://asukamura.jp/topics/asuka-number/index.html

飛鳥寺や岡寺などお寺周りがおすすめ

明日香村にはたくさんのお寺があります。中でも、蘇我馬子の発願で建てられた日本最古の本格的仏教寺院である飛鳥寺や、季節のお花で美しい岡寺はおすすめスポットです。

飛鳥寺の写真
飛鳥寺の様子
飛鳥寺内のポスト
お寺の境内に素敵なレトロな郵便ポストが!
飛鳥寺の写真
飛鳥寺の写真
蘇我入鹿の首塚の写真
飛鳥寺は蘇我入鹿の首塚が近くにあります

岡寺はインスタグラムでも人気です。美しい花々の写真をとても美しく撮影されていてうっとりしますね。

明日香村は春はいちご狩りがおすすめ

明日香村は、広大な田畑が広がりとてもゆっくりした時間が流れる場所です。春にはいちごが有名で、「あすかルビー」は甘くて美味しい絶品です。春のいちご狩りがおすすめ!

明日香村でいちご狩り
大きなイチゴは甘くて美味しい
明日香村でいちご狩り
明日香村でいちご狩りをしたときの写真。だいぶ昔です(笑)。

その他、「古代米」という昔からのお米があります。

古代米とは、稲の原種である野生稲の特徴を引き継いでいるお米です。近年その栄養価が見直され、健康食材として注目を浴びています。白米に1割程度混ぜて炊くだけで、ご家庭の炊飯器で簡単に炊く事が出来ます。

<赤米>米のルーツであり、赤飯の起源と考えられています。

<黒米>おはぎの起源で、古くから祝いの米として珍重されています。

<緑米>稲の穂が黒く、玄米は葉緑素を多く含んでいます。

https://www.asukatakuhaibin.jp/product/289より引用

秋には花を楽しむ!彼岸花や秋桜が美しい

秋には彼岸花や秋桜が綺麗です。

明日香村のコスモス
明日香村のコスモス
万葉文化館庭園写真

彼岸花の開花情報はこちらをご参照ください↓

自然が広がり、家族でサイクリングや散策するのもおすすめです。
我が家は昆虫好きな息子たちがカマキリを見つけましたよ〜!!

まとめ

明日香村は古代ロマンあふれ、ゆっくりとした時間が流れる場所です。穏やかでなんだか懐かしい風景が広がる場所なので、ぜひ癒されに行ってみてくださいね!

明日香村の風景
明日香村の風景

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる