YouTubeで動画もチェックしてね

ウィリアムモリス展@奈良県立美術館のレポ!

目次

ウィリアムモリス展概要

ウィリアムモリス展のチラシ

【特別展 ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡】

開催場所:奈良県立美術館(奈良県奈良市登大路町10−6)
⁡会期 : 2021年6月26日(土)─8月29日(日)

開館時間:9時~17時(入館は閉館の30分前まで) 
休館日:毎週月曜(8月9日は開館)と8月10日[火]は休館

観覧料
:一般=1,200円、大・高生=1,000円、中・小生=800円

ウィリアム・モリスとは?

ウィリアムモリスの写真
ウィリアム・モリス

ウィリアム・モリス(William Morris 1834~1896)

19世紀の芸術家。また、デザイナー、詩人、小説家、翻訳家、社会主義運動家でもある。
生活と芸術を一致させようとするモリスのデザイン思想とその実践(アーツ・アンド・クラフツ運動)は各国に大きな影響を与え、「モダン・デザインの父」と呼ばれる。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より参照

作品展の見どころ

ウィリアムモリス展の看板

日本でもテキスタイルや雑貨・家具のデザインで人気のあるモリスの作品を奈良で、生で楽しめる!
植物や鳥のモチーフが多く、細かく滑らかな線と美しい配色が魅了します。
印刷物で見るよりも、生の作品を見た方が立体感や配色の美しさがより鮮明に伝わり、心惹かれること間違いなしです!
作品だけではなく、モリスの生活や背景なども知ることができ、映像での解説などあってよりモリスを深く知ることができました。

アクセス

奈良県立美術館(奈良県奈良市登大路町10−6)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる